延坂の水晶は今 2021年の産地の様子①

鉱物採集

2021年の1月初頭、延坂へと再訪をしてきました。ダム工事の進捗や産地の変化も含めた忘備録です。

関連記事→久しぶりに延坂へ!水晶を探す①

延坂の今

また延坂へ行こうかと思ったのは、知り合いとの新年会を兼ねて?です。知り合いは名古屋在住、合うのは1年ぶりです。名目上は鉱物採集に行ったら偶然合ったという事で(・∀・)

国道275号から県道に入り、脇道にそれて林道を進み···!?おや、謎の三角コーンがある?通行止め?立ち入り禁止?

入り口の通せんぼ

周辺をよーく見渡してみると立ち入り禁止の看板が···川への。周辺の伐採や整備の工事が始まるらしく、林道沿いの釣り客用の駐車場に入川禁止の看板が並んでました。

入川禁止の看板

通せんぼを越えて奥に進み産地近辺まで来ると、産地奥では既に伐採が始まっているようで、材木が積まれてました。このまま伐採が進めば延坂の産地だけでなく、アクセス林道もすぐに崩れてしまうのではないでしょうか?

賑わいが続く延坂

産地のガレ場は相変わらずの盛況ぶり?私以外にも3組が水晶を掘ってました(笑)。中には見覚え(聞き覚え)もある人も、某採集家さんが居ました。

岐阜のじーさんカッコ匿名なので、今のところ身バレ?はしていない(か?)。かる~く挨拶をして成果を見せてもらいつつ、その方の採集方法を観察させてもらいました。こりゃ勉強になるわ笑

ガレ場上の崖はだいぶ掘り込まれており、石英脈も枯れている。これは厳しい闘いだろうな。今回は弔い合戦になりそうかな?

とりあえず一旦切りますね。

次の記事→延坂の水晶は今 2021年の産地の様子②

コメント

タイトルとURLをコピーしました