本物の金!安部川梅ヶ島金山へ③

地質

いよいよ最終章。皆様お待ちかねの砂金の時間です…

前回の記事→本物の金!安倍川梅ヶ島金山へ②

沢の砂金を拾う

さて歴史の旅を終えて、最後は当時の人の気持ちになって沢で砂金を探します。林道から川に戻り沢沿いの岩場にて、砂を集めます。いろいろな手法があるようですが、あまり無理はせず、岩場の窪みに溜まった砂をスポイトとかハケで集めていき、パンニング皿にて選別をします。河原沿い溜まった砂ではなく窪みのほうが重たい石が集まるので、砂金も集まっているであろうという考えです。

沢でひたすらパンニング

夏(訪問したのは2020年8月)なので沢の水は気持ちよく、水遊びの気分です。30分くらい上記の手順をしていくと、でた!一粒だけ(笑)写真の撮り方が悪いですが、黄金色が素晴らしい。一粒採れたので満足?既に時間も14時前なので現地を後にしました。

キラリと光る砂金

夏の釣り堀

林道を魚魚の里まで戻ると、何やら香ばしい香りが?釣り堀脇で釣り上げたイワナを炭焼きにしています。1竿1500円で3匹まで釣れるとの事、ですので竿を1本借りて、妻と一緒に釣りをしてみました。しかし釣り堀の魚たちは賢い?針先の餌をうまーく食べていき全然釣れない笑。しかし、何度か餌をとられてコツが分かった!最終的に4匹を釣り上げれました。魚よりは頭が良くて安心?塩たっぷりで焼いてもらいました。金山巡りでかいた汗の分が戻ったか?

塩焼きにていただく

以上、オクシズの金山あとはここまで。また大谷崩と合わせて再訪したいです。

関連記事
最初の記事 → 本物の金!安部川梅ヶ島金山へ①
関連記事① 津具金山の情報 → 奥三河でゴールドラッシュ気分?津具金山の金属鉱物①
関連記事② 土肥金山/巖付天正金鉱→ 動物と鉱物の王国⁉伊豆半島の旅①

コメント

タイトルとURLをコピーしました