蛇紋岩地帯の鉱物!中宇利鉱山へ②

鉱物採集

前回の続き!中宇利鉱山で鉱物採集をします。

前回の記事→蛇紋岩地帯の鉱物!中宇利鉱山へ①

中宇利鉱山とニッケル資源

中宇利鉱山は戦時中にニッケル鉱物や鉄、銅鉱石の採掘を目的に開発された鉱山です。ニッケルはステンレス等の合金、電池の触媒、磁石など産業において幅広く利用されています。これらの産業は戦時においても重要であり、ニッケルは戦略物資として大変に重要でした。

ですが日本国内にはニッケルが高濃度に濃縮された鉱山は少なく、かなり低濃度であっても丹念に採掘がされました。その為、中宇利鉱山や付近の吉川鉱山ではニッケルが採掘がされていましたが、ズリにニッケル鉱物はほぼ残っておりません。

もう少し脱線、ニッケルが戦略物資であり戦時中の日本はニッケルの確保に苦労をしました。その為、ニッケルの精錬濃縮技術が研かれ、現在でも世界でも有数の技術を有しています。

例えば、住友金属鉱山という精錬会社が有りますが、ニッケル精錬では世界でも5位に入っており、ニッケルの非鉄メジャーを自称しています。理由として、欧米の資源会社が開発を諦めた低濃度鉱床の開発や鉱石として処理されなかった低品位鉱石の精錬に進出をしたからです。戦時中の技術開発が現代にも活きています。

中宇利鉱山のズリ

中宇利鉱山は主に金属鉱石を目的として採掘がされました。その為、ズリの下部から中部には金属鉱物を含む転石があります。ここで有名?なのがヒーズルウッド鉱でしょうか?磁鉄鉱を含むずしりと重い鉱石に稀に含まれています。

中宇利鉱山のズリ

その他、やはり蛇紋岩地帯特有のナトリウムやマグネシウム鉱物が採集可能です。今回もいくつかの鉱物を見つける事ができました。と言っても産状は写真のような見た目で地味です。

蛇紋岩地帯の鉱物

以上、今回は中宇利鉱山開発の背景と鉱物の産状を紹介しました。えっ?あの有名な石は?それは次回の記事で!

次の記事はこちら→蛇紋岩地帯の鉱物!中宇利鉱山へ③

コメント

タイトルとURLをコピーしました