笠ヶ岳へ 忘れられた金属鉱山①

旅行

お盆休みですね、久しぶりに遠出をして鉱物採集に行ってきました。笠ヶ岳と言えば日本100名山にも選ばれており、多くの登山者を惹き付けています。その山麓に今回目指した金属鉱山の跡があります。

飛騨観光

今回は久しぶりに集まった石友も一緒です。一人であれば車中泊の強行軍で行きますが、新穂高温泉で一泊とし、1日目は飛騨観光としました。

まずは飛騨高山市内へ、お昼ご飯に高山らラーメンをと思いましたが、有名店は行列ができており、30分待ち。そこで宮川朝市の外れにある穴場のラーメン屋さん「やよいそば」へ。食したのは揚げ定食、醤油で香ばしく焼いたキツネ揚げが美味しい。この揚げは「あげづけ」と呼ばれ、高山の隠れ名物です。ラーメンはかなりあっさりとしており美味しい。

やよいそばの揚げ定食

高山市内は古い街並みを歩いたりしましたが、どこに行っても外国人観光客だらけ。欧米の方が多いようで、お店の看板も英語表記が目立ちました。アジアの観光客がバスなどで集団行動なのに対し、欧米の観光客は個人ツアーでしょうか?数人のグループが圧倒的でした。

高山市内を離れて新穂高温泉方面へ、途中には飛騨大鍾乳洞が有りますが、今回は銚子滝へ。道もきちんと整備されており、車から5分くらいで滝まで行けます。肝心の滝は写真のよう。豊富な水が落差25メートル程で落下しており、滝壺付近はかなり涼しかった。

銚子滝

新穂高温泉

銚子滝を出発して、平湯を経由して宿泊先の西穂高ビューロッチへ。宿泊先の目の前には高原川が流れているので、チェックインを済ませたら先ずは河原にて石の観察。

河原の石を観察すると、角閃石や長石が斑晶として含まれていた。また、上流に石灰岩も存在するらしく結晶質の石灰岩が散らばっていた。

ちなみに宿泊先の玄関に方解石の結晶が飾られていたが、近所のおじいさんが上流の谷から採って来たとのこと。産地は聞けなかった。

写真は高原川の礫に含まれていた黄鉄鉱の結晶。結晶の大きさは8ミリ程度である。

黄鉄鉱を含む転石

少し石を観察して旅館に戻り、温泉と夕食を堪能。温泉はぬるめで長湯が出来る。夕食は飛騨牛の陶板焼きやヤマメの塩焼きがついていた。値段の割りにお得であった。

宿泊先の夕食

翌日の朝食は7時からとのこと。登山者が泊まる旅館にしては遅めのような?しかし、今回は山麓の鉱山跡を目指す旅なので、朝風呂に入り朝食をゆっくり食べてからの出発にしよう。

長くなってしまったので、一旦切ります。次はいよいよ笠ヶ岳へ!

次の記事はこちら→笠ヶ岳へ 忘れられた金属鉱山②

コメント

タイトルとURLをコピーしました