鉱物採集

スポンサーリンク
地質

浜松ガーネット!北遠の鉱物産地の開拓①

静岡県浜松市の北部、北遠(北の遠州?)と呼ばれる地区へ、余り鉱物産地がない地域ですが何が見つかるのか?今回はその中でも特に地質が複雑な青崩れを目指します。 関連記事① 鉱物の不毛地帯⁉かつての大銅山は今① 関連記...
鉱物採集

蛇紋岩地帯を行く!炭酸塩鉱物を目指して③

愛知県を代表する蛇紋岩地の鉱山である中宇利鉱山へ鉱物採集に行きました。炭酸塩鉱物の代表的な物としてアルチニ石・パイロオーロ石、当地を代表する鉱物として中宇利石を採集しました。また、その他、金属鉱物としてニッケル鉱物や銅鉱物を採集しました。
地質

蛇紋岩地帯を行く!炭酸塩鉱物を目指して②

先ずは静岡県内の蛇紋岩地帯へ、自然環境保全地域として守られている地区には蛇紋岩地帯特有の自然が残されていました。確認できた鉱物は少なかったですが、各種蛇紋石や炭酸塩鉱物が確認できました。
地質

蛇紋岩地帯を行く!炭酸塩鉱物を目指して①

今回は愛知県と静岡県西部に跨る蛇紋岩地帯を行きます。そもそも蛇紋岩とは何かその産業用途をまとめつつ、同地帯で主要な目的鉱石とされたニッケル鉱石に触れます。
鉱物採集

鉱物の不毛地帯!?かつての大銅山は今?④

いよいよ峰之沢鉱山で簡単お手軽に銅鉱石が拾える独自スポットへ!閉山後半世紀が経過した鉱山跡ですが、大鉱山の名前に恥じない巨大ズリが山の中に待っていました。拾えた銅鉱石はキースラガー鉱床の特徴を良く表しており、かつての繁栄を忍ばせる鉱石標本が得られました。
地質

鉱物の不毛地帯!?かつての大銅山は今?③

いよいよ峰之沢鉱山へ!今回は峰之沢鉱山の鉱床の成因に触れつつ、閉山後半世紀が経った実際の鉱山跡がどうなっているかを紹介します。かつての大銅山は大自然の中に還りかけておりひっそりとしていましたが、長大なインクライン跡などかつての繁栄を忍ばせます。
地質

鉱物の不毛地帯!?かつての大銅山は今?②

天竜川に沿っていくつもの巨大ダムがあります。有名なダムは佐久間ダムですが、これらも鉱山開発の歴史や周辺の地質学とは無関係ではありません。また、大銅山とされながらも閉山し、現在も国道沿いに残る久根鉱山の沈殿池からは、銅鉱山としての顔ではなく硫化鉄鉱山として鉄鉱石を採掘していた久根鉱山の姿を観察することができました。
鉱物採集

延坂の水晶は今 2021年の産地の様子②

ついに水晶を堀ります。2021年の初採集の成果は? 前回記事→延坂の水晶は今 2021年の産地の様子 水晶は健在 前回は落ち穂拾いをしましたが、今回は崖から狙います。過去の経験からだいたいの目星は付けたつもりでしたが、露...
鉱物採集

延坂の水晶は今 2021年の産地の様子①

2021年の1月初頭、延坂へと再訪をしてきました。ダム工事の進捗や産地の変化も含めた忘備録です。 関連記事→久しぶりに延坂へ!水晶を探す① 延坂の今 また延坂へ行こうかと思ったのは、知り合いとの新年会を兼ねて?です。知り...
地質

本物の金!安部川梅ヶ島金山へ③

いよいよ最終章。皆様お待ちかねの砂金の時間です… 前回の記事→本物の金!安倍川梅ヶ島金山へ② 沢の砂金を拾う さて歴史の旅を終えて、最後は当時の人の気持ちになって沢で砂金を探します。林道から川に戻り沢沿いの岩場にて、砂を...
タイトルとURLをコピーしました